ふるさと納税 計算シュミレーション!

ふるさと納税とは、個人が自治体に支払う寄付金のことです。
しかも確定申告すると、税金控除されます。一体どれぐらいでしょう?
2014年の情報を元に計算してみませんか?

 

その前にまずは基本知識です。

 

ふるさと納税は、かならず支払わなければならない、生まれ故郷に支払わなければならないということはありません。

各々が好きな地域に寄付することが出来ます。

nozei

寄付金を申請する際には、各自治体特有の申請書類に必要事項を記入し、

メールなどで送付することになるのですが、

これは『ふるなび』などのふるさと納税専門サイトなどの申請フォームを利用した方が手軽に済みますね。

ふるなびサイトはこちらから

 

ふるさと納税の特徴と言えば、

寄付金とほぼ同額が所得税、住民税から控除されること、

寄付した自治体から特産品や工芸品、優待券などのお礼がもらえること、

寄付金の使い道を自分で決められることでしょうか。

 

使い道が決められるということは、寄付金を通じてその地域の発展に貢献することもかのですし、被災地の復興に役立てることもできます。

日本産の美味しいのものや工芸品がもらえるというのもうれしいですね。

さらに、寄付金分は税金控除。いいことずくめな気がしますね。

 

でも、税金控除といってもどれくらい控除されるのか。

 

income

 

できれば事前に計算して知っておきたいですね。

調べてみました。

『ふるさとチョイス』というサイト様からなのですが、家族構成によっても異なるようです。

ふるさとチョイスはこちらから

家族構成が夫婦と子、年収が500万円で寄付金額が21,000円の場合は19,000円税が軽減されるようです。

ほぼ同額ですね。

良ければ一度ご自分の年収を調べて計算してみてはどうでしょうか?

 

独身の場合はどうでしょうか。

収入が400万円、寄付金額22,000円で、税の軽減は20,000円でした。

これは2014年現在の情報です。

ふるさと納税をうまくつかえば賢く節約できますね。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>