ふるさと納税 計算してみてわかったことは?

ふるさと納税とは、個人が好きな自治体に支払う寄付金のことです。税金控除もできるけど一体どれぐらい・・・??計算してみましょう。

 

 

生まれ故郷に支払わなければならない、ということはないので、好きな地域を選んで寄付することが出来ます。

申請には各自治体特有の申請書類があり、これに必要事項を記入してメール等で送付することになるのですが、

『ふるなび』などのふるさと納税専門サイトには申請用のフォームが存在するようなので、そちらを利用した方が手軽かもしれません。

ふるさと納税申請の詳細はこちら

ふるなび納税申請の詳細はこちら

寄付したお金はどうなるのかといいますと、なんと寄付金の使い道は自分で決めることができます。

寄付金をつうじてその地域の発展に貢献するも良し、被災地の復興費にあてることも出来ます。

そしてふるさと納税の特徴、寄付した自治体からお礼として、その地域の特産物や工芸品、優待券を受け取ることが出来ます。

これが今ふるさと納税が注目されてる最大の理由だと思います。

特産品といっても本当に地域によって様々です。私が調べた限りでは果物やお肉が多いでしょうか。

そしてさらにふるさと納税は、寄付金額が2,000円以上の場合、そのほぼ同額が所得税、住民税から控除されます。

a-03

支払うべき税金が減るということですね。

では、一体どの程度軽減されるのでしょうか。

できれば事前に計算して把握しておきたいところですね。なので、調べてみました。

『ふるさとチョイス』というサイト様によると、家族構成、寄付金額、年収によってことなるようです。

たとえば、単身で年収500万、寄付金額の目安である32,000円の場合、30,000万円が控除されます。ほぼ同額ですね。

計算も簡単にできますので計算が苦手な方は是非、↑サイトをご覧くださいね。

ふるさと納税、賢くつかえば上手に節約できそうです。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>