ふるさと納税 限度額の変更!?

ふるさと納税の最低限度額が変更になったのをご存知ですか?

そもそも「ふるさと納税」って何?って思う人もいるかも知れませんね。

その意味を知らないと限度額や変更の意味もわかりませんよね。

 

ふるさと納税とは、地方公共団体に対する寄附金のことなんですが、個人で寄附をした場合には、税金の一部が控除されるしくみになっているのです。

しかも寄附をした地方公共団体からはお礼の特産品などが届けられると言うお得な制度なんです。

hurusato_image2

寄附金の税控除額は以前は下限額が5,000円だったんですが、平成24年からは2,000円にまで変更して引き下げられたんです。

下限額は寄附した金額から差し引く金額のことを言います。

また、平成26年から平成50年までの間は、寄附金控除額の特例控除額の計算方法が変更となっています。

寄附金の控除を受けるには確定申告が必要になります。

確定申告には寄附をした地方公共団体の領収書が必要になるので無くさずに保管しておいてくださいね。

所得税の申告をした場合には、個人住民税の申告はしなくても良いみたいです。

所得税の控除については、寄附をした年から受けられます。

住民税は寄附をした翌年から受けられます。

income

 

ふるさと納税・控除額の計算方法は、

【基本控除額の場合】(寄附金額-2000円)×10%【特例控除額】(寄付金額-2000円)×(90%-限界税率)×1.021となっています。

なお、特例控除額については、個人住民税の所得割の1割が限度額となっています。

ふるさと納税の寄附はどこの市町村でも良いですし、複数の団体に寄附しても良いので、ぜひあなたも寄附してみてはいかがでしょうか。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>