ふるさと納税の限度額と確定申告書

最近メディアでよくいわれるものに、ふるさと納税というものがあります。
このふるさと納税の特徴は、寄付したお金の分の税金を免除してくれることです。
免除には限度額もありますが、その免除を受けるには確定申告書が必要です。

 

kifukojyononagare

 

特定の地方自治体に寄付をすると払う税金が安くなります。

つまり寄付をすることによって一種の納税が行われて、自分がどの自治体に税金を払うのか決めれるようになっているわけです。

ただこの制度を利用して免税措置を受けるためには、確定申告をする必要があります。

確定申告はサラリーマンの人はする必要がないので、慣れていないと思いますがこれをしておかないを減税をうけれません。

5400b44658428dcac64d47ca98bf598d

確定申告をするときは確定申告書に記入することになります。

確定申告書にふるさと納税の減税分を書くときは、複雑な計算が必要です。

ただ今はネットで確定申告の書類を作れるので、そのサイトを利用して制作すれば簡単に作れます。

税金を支払う役所にそういうサイトがあるので、必要な情報を記入していけば書類の作成が可能です。

またふるさと納税の減税を受けれる限度額というものがあって、この制度はいくらでも税金が免除されるわけではありません。

その限度額は所得の30~40%が上限になっているので、それ以上の寄付をしても免除にはならないです。

具体的な限度額の数値については大体の目安が載っているサイトがあるので、その金額を参考にふるさと納税をするといいです。

また、特定の地方自治体にお金を寄付すると、その見返りとして特産品などが送られてきます。

ふるなびサイト

ふるさと納税計算シミュレーション

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>