ふるさと納税 計算。所得税減税。

「ふるさと納税」により寄付した人は、寄付金の2,000円を超える金額について、計算すると・・・

所得税と個人住民税から一定額を上限に、軽減を受けることができます。

ゆえに、ふるさとに納税したのと同じことになるというわけです。

ここでは、税の軽減額の計算方法について、ご紹介します。

illust594
ふるさと納税の所得税の控除税額の計算方法については、

所得税の限界税率A%で、〇円を寄付した場合には、「〇円-2,000円×A%」であり、

個人住民税(基本控除)については、「〇円-2,000円×10%」であり、

個人住民税(特例控除)については、「(〇円-2,000円)×(90%-A%)」

という計算方法となります。

そして、この3つの合計額が、控除税額となるわけです。

 

実際に例を挙げて、ご紹介してみます。

 

4人家族で給与収入が700万円の人が、3万円のふるさと納税をした場合(妻は専業主婦、高校生が2人)の控除税額の計算は、

所得税が「30,000円-2,000円)×10%=2,800円」となり、

個人住民税(基本控除)は、「30,000円-2,000円×10%=2,800円」となり、

個人住民税(特例控除)については、「(30,000円-2,000円)×(90%-10%)=22,400円」ということになります。

ゆえに、「2,800円+2,800円+22,400円=28,000円」が控除税額となります。

111228120052_7

つまり、3万円ふるさと納税で寄付した場合、28,000円が軽減されて、

自己負担額は2,000円だけに実質はなるということです。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>