ふるさと納税計算。自営業と違って、勤め人は…。

ふるさと納税は所得税や住民税が控除されるお得な制度になっています。金額を計算できるシミュレーションサイトもあります。ただし、自営業じゃない会社員は必ず忘れてはならない事があります。でないと控除されません。

 

それについて説明していきます。

まず、自分の住んでいる場所に関係なくふるさと納税は寄付できます。

全く関わりのない自治体に寄付することができます。

寄付する自治体を選ぶ方法は様々あります。

寄付した際に付いてくる特典商品で選んだり、使用用途を選択して寄付したりすることができます。

このふるさと納税の特典商品には様々あり、その土地土地の名産品であったり、地元のキャラクターグッズであったりします。

例えば、鳥取県米子市の特典商品は、3,000円以上の寄付に対して6,000円相当の特典が付いてきたりします。


また、このふるさと納税は税金の控除対象となるため、こうした点からかなりお得となります。

この控除は確定申告により行います。

intro02

 

確定申告の必要性がある自営業とは違い、会社員である場合忘れがちになりますが、

これを行わないと控除が受けられなくなります。

自営業じゃない人は注意してくださいね。

また、この控除額は年収や家族構成などによって変わってきます。

また寄付する金額によっても変わってきます。

例を挙げると、年収300万円の独身男性が1万円の寄付をした場合、

8,000円の控除となります。

実質2,000円の寄付をしたことになります。

さらに5,000円分の特産品などが送られてきた場合、3,000円お得となります。

公式サイトには、先程にも述べた、簡単に控除額を調べることができる計算シミュレーションが作成されていますので、こちらを利用すると便利です。

私も計算は苦手なのですが、サイトを利用することで簡単に計算できました。

控除額をしっかりと把握した上で、上手に寄付をしてお得に特典商品を入手することができます。

ふるさと納税計算シミュレーションサイト

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>