ふるさと納税 限度額 計算式

ふるさと納税では、都道府県や市町村に対して寄付を行ったという場合、2,000円を超える部分の金額が個人住民税の1割程度を限度額として、所得税と合わせた全額が控除されるという制度です。

計算方法は複雑ですが、最近では指示された場所に資料に基づいた金額を入力するだけで簡単に計算することが出来るサービスもあります。

 

10563

ふるさととは言っても、自分の生まれ故郷のみ寄付することが出来るというわけではなく、関わりの深い地域や応援した地域があればそこを選択して寄付することが出来るのがふるさと納税です。

ふるさと納税の控除される限度額は、一人ひとり異なります。

また実際に控除を受けるためには寄付をした翌年の一定期間内に確定申告を行う必要があります。

計算は自分で行うと難しいかもですが、専用サイトがございますので、紹介します。

特に知識が必要なくても、利用することが出来るので初めての人でも簡単に行うことが出来ます。

ふるさと納税計算シミュレーションサイト

是非ご自分の年収を確認し、限度額や控除など調べて計算してみてください。

 

ふるさと納税のメリットは、税金が控除されるだけではありません。

o0500054410669070747
最近では多くの自治体でお礼の品として農産物や工芸品などを寄付をした人に贈るというサービスを行っています。

いくつかの候補の中から好みに応じて選択することが出来たり、金額に応じて受け取ることが出来る品物が異なる場合もあります。

寄付を行った場合には、その後に受領証明書が届けられます。

envelop_paper

確定申告の際にはその受領証明書が必要となりますので、

無くさないように保管しておく必要があります。

もし、紛失してしまった場合には、再発行を寄付した自治体に依頼するようにしましょう。

 

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>