ふるさと納税の限度額が拡大される?

ふるさと納税。「ふるさと」という言葉がついているので、故郷を離れて生活している人が故郷に納税をすることなのかと考えてしまうが、どうもそうではないらしい。また控除される仕組みがあり、控除の限度額が今後拡大するかもしれないのです。

また、ふるさと納税をして、記念品や特産品が送られてきたという話題をテレビなどで見聞きします。

ふるさと納税とは都道府県・市町村に対する寄附のことで、寄附をする先は自分の故郷かどうかは関係ないのです。

寄附をすると、寄附金のうち2千円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されるとのこと。
その控除を受けるためには、寄附をした翌年に確定申告をする必要がある。
寄附をすると受領書をもらえて、確定申告の時に受領書を添付します。

image_about

※船橋市のふるさと納税参考資料

 

ただ、控除額には一定の限度額があるので、ふるさと納税をたくさんしたくても、その分家計への負担が増えてしまう。
しかし、今後限度額が拡大されるらしく、ふるさと納税をより楽しむことができるようになるかもしれません。

限度額が拡大されると私達の生活もマシになるので、是非そうなって欲しいですね。

 

少し調べてみたところ、ふるさと納税をして自治体からもらえるものは、肉や野菜などの食べ物だけでなく、花火大会などイベントのチケットなどもあるよう。
そば打ちや乗馬体験があるのには驚きました。

003094_3

※参考画像

 

サラリーマンならお給料から自動的に天引きされる税金より、自分の意志で自治体のために納税している感覚が持てて、自分のお金が役立っているという、意識が湧くのではないでしょうか。

納税した自治体のことをより知りたいと思うし、その地方へ行ってみようという気持ちが生まれてくるのではないかと思う。

自治体のことや限度額などを色々調べてみて、ふるさと納税を活用したい。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>