ふるさと納税の限度額と不動産所得について

ふるさと納税という話を聞きますが、具体的な内容はあまり知られていないことが多いです。やはり納税といわれて損なのではないかと思われるのが、大きな原因なのでしょう。しかし、限度額や不動産所得など知ればお得な制度になっているのがふるさと納税の良い所なのです。

 

この制度はメリットの大きい制度で、所得の多い人ほど利益があります。

ふるさと納税の制度で可能なことは、特定の地方自治体にお金を寄付することです。
寄付をするだけではお金を損しますが、地方自治体にお金を寄付すると特産品が送られてきます。

vegitable02-001
この特産品は必ず貰えるわけではないのですが、中には高級品が送られてくることもあります。
そのためお金を持っている人は結構利用している制度です。

 

更にこの制度にはもうひとつ特徴があります。

 

それはふるさと納税で寄付したお金の分を、減税という形で取り戻せることです。

p002-01

ふるさと納税で特定の地方自治体にお金を払うと、その分自分が払う税金が安くなります。

つまり税金の払う先を自分で決めれる制度といって良く、更に特産品がもらえるのでお得になっています。

ただこの制度には利用できる限度額があるので、無制限に使えるわけではないです。
その限度は所得の30~40%までで、税制度で受けれる免除額の限界までしか利用できません。

それ以上は寄付をしても税金が安くならないので注意が必要です。

 

またこの免税制度は不動産所得をした時もメリットがあります。

fudousanya
不動産所得をした時は税金を払いますが、その金額も安くすることができます。

特に不動産所得にかかる税金は高いですからふるさと納税を使って、あちこちの特産品をもらうことが可能です。

 

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>