ふるさと納税の際の限度額と年収

ふるさと納税といえば節税対策として今大注目ですね。
テレビなどのメディアでも幾度となく取り上げられています。
しかし控除にも限度額があり、年収によって違うと聞きますがどうなのでしょうか。

ふるさと納税は、納税先を変える事によって、その納税先の自治体の特産品をお得に手に出来ると大人気です。

まず、都道府県や市町村などを選んで寄付をします。

自治体に寄付の領収書を貰い、それで確定申告をすると寄付額のうち2千円を超える分が所得税と住民税から差し引かれます。

96958A9C93819499E3E3E2E2938DE3E3E2E5E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXZZO7409573011072014000000-PN1-18

しかし、いいことばかりのようですが注意点も何点かあります。

ふるさと納税は納税の言葉がありますが、法律上は寄付金として取り扱われます。

そのため、寄付した額が税金より控除されます。

個人の場合、確定申告が必要です。

money08_lead_img01

 

まず一定額を超える寄付は税金の軽減の対象から外れます。

つまり、ふるさと納税自体には上限は存在しないのでいくらでもできるのですが、
寄付金控除で戻ってくる所得による限度額がきまっているのです。

扶養家族の人数等の家族構成によって所得控除や住民税所得割額の金額は変わりますが、基本的にはいつも年収をベースに計算されます。

給与年収300万の独身の方は、16,000円の寄付であれば自己負担額は最小の2,000円ですがこれ以上の額を寄付すると、自己負担額が増加していってしまいます。

この場合、控除限度額の16,000円を寄付するのが一番効率がいいです。

正確な金額や限度額などを知りたい方は、地方税当局の担当者又は、税理士に確認するといいでしょう。

またご自分の年収がどれくらいか把握しておくと良いでしょう。

かしこくふるさと納税を使って、魅力的な特産品をゲットしちゃいましょう。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>