ふるさと納税とは、企業もできるのものなのか?

「ふるさと納税とは?言葉を聞いたことがあるけど、いったいどんな税金なの?企業もできるの?」

という質問をよく耳にすることがありますが、

実は厳密に言うとふるさと納税は税金ではありません。

kakutei-sarari

ふるさと納税とは、都道府県や市区町村など全国にたくさんある自治体の中から、自分で好きなところを選んでお金を納めることができるという、一種の寄付行為のことをいいます。

 

自治体の方はもらったお金を税金と同じように自然を守るのに使ったり福祉のために使ったりできることから、「納税」という言葉が使われているのです。

det_ddu_img
なぜこのようなふるさと納税制度が生まれたかというと、

1つには自分たちのお金が地域のどんなことに役立っているかを知ることができるようになるからです。

 

いつの間にかお給料から引かれている税金とは違って、1人1人が自主的に納めるわけですから、自然と使われ方にも関心がわいてきます。
また、この制度は特定の地域に対する感謝や激励の気持ちを形にするという役割も持っています。

free-illustration-kinroukansya-mother-daughter-flower

 

お金を納めることで、たとえば今は遠く離れているけれど自分を育ててくれたふるさとに対する「ありがとう」の気持ちを伝えられるというわけです。

また、日本全体をふるさとと考え、直接ゆかりはないけれど地震や台風などで大きな被害にあった地域に「がんばれ」の気持ちをこめてお金を送るといったこともできます。

このふるさと納税ですが、個人もちろん企業も納付することができます。

そして個人・企業とも所得税の控除が受けられるなど、もらう側だけでなく納める側にもメリットがあります。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>