ふるさと納税 計算。年収別比較。

ふるさと納税は、好きな自治体に寄付することができるお得な制度です。

また所得税・住民税が控除させます。いくら控除なるのか計算も必要ですが、
年収によって違うので注意しましょう。

ふるさととなっていますが、故郷である場所でなくても寄付できます。

もちろん、現在住んでいる場所に関係なく、自由に選んだ自治体に寄付することができます。

101

このふるさと納税を行うことにより、特典を得られる自治体がほとんどです。

米や肉類、水産物、加工食品などの食品や、食事券や宿泊券などのチケットや、タオルなどの日用品、ご当地キャラグッズを特典としている自治体もあります。

また、使用用途を決めて寄付できる自治体もあります。

子育てや医療、スポーツ振興など様々な用途が選択できるようになっています。

他にも、寄付者にはメリットがあります。

 

ふるさと納税は、法律上寄付金とされているため、所得税や住民税などの控除の対象となります。

kifukojyononagare

控除の額は、年収や家族構成などによって変わってきます。

例えば、年収300万円の独身男性が1万円の寄付をした場合、

8,000円の控除を受けることができます。

実質2,000円の寄付をしたことになり、さらに特典なども付いてくるので、かなりお得となります。

 

公式サイトでは、簡単に控除額を調べることができる計算シミュレーションが作成されていますので、利用すると便利です。

ふるさとなび公式サイト

私も計算が苦手なのですが、この↑サイトを利用すると簡単に計算ができます。

まずはご自分の年収を調べてみてください。

控除額を調べる事によって、どれだけお得に特典を受けることができるのかが分かります。

ふるさと納税での控除を受けるためには、確定申告が必要です。

会社員などの場合、自分で確定申告する必要性がないため手間となりますが、

忘れずに行うことが大切です。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>