ふるさと納税とは?メリットについて

ふるさと納税とはを文字通りみると、ふるさとに納税するという意味になりますよね。ではメリットについて考えましょう。

実際にふるさと納税とは、都道府県、市区町村に対する寄付金の制度のことなんです。

 

そのメリットは?

 

少子化などで過疎化が進む、地方財政の悪化を食い止める目的で、県外からも広く資金を集めるためにできた制度といわれています。

今まで一度も住所登録をしたことのない、自分のふるさと以外の地方自治体にも寄付することができるのが大きな特徴です。

原則として、寄付金のうち2,000円を超える部分の一定限度金額まで、所得税・住民税から全額控除されます。

ただし、寄付金控除の適用を受けるためには、確定申告を行う必要があります。

s-furusato
なぜこんなにふるさと納税が注目されているのかというと、お礼として感謝状などの他に特産品がもらえるという特典があるからなんです。

特に寄付金が多い地域の特徴としては、見返りのメリットが大きいということがあげられます。

最低2,000円の個人負担をすることにはなりますが、正直言ってそれ以上の特典がある場合がほとんどです。

pure
納税者にとっては、特産品がもらえることや寄付金控除のメリットがあることから、

気軽に取り組みやすいということもあり、年々この制度を利用する人が増えています。

地方に資金が流入することで、地域の活性化にもつながりますし、

確定申告をしなくていはいけないという以外は、大きなデメリットもありません。

 

ふるさと納税は地方と都市をつなぐ重要なパイプラインとして、今後も広がりを見せる制度であるといえます。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>