ふるさと納税とは。計算の仕方について

ふるさと納税とは、都道府県や市区町村にお金を寄付することで、住民税や所得税が控除されるという制度です。でも気になるのはお金の事ですよね?計算などどのようにすれば良いのか。

 

説明します。

 

たとえば、自分の生まれ故郷に寄付金を渡したとします。

すると、その分現在自分が住んでいる地域での住民税が安くなったり、給与からの天引きなどで支払った所得税が還付されたりするのです。

10563

ふるさと納税に寄付した全額が、控除の対象となるわけではありません。

 

計算式としては、住民税の場合は寄付した金額-5,000円、所得税の場合は寄付した金額-2,000円となっています。

したがって、たとえば10,000円を寄付した場合には、住民税は5,000円分、所得税は8,000円分が控除されることになります。

 

そんなに計算は難しく考えなくて大丈夫です。

ただし、所得税の場合は、ふるさと納税による控除は、その年の総所得金額の40%までとなっています。

この制度により、税金を個人の判断でどう生かすかを決めることができるようになりました。

従来は住民税も所得税も、天引きなどにより半ば強制的に支払うことになっていました。

しかしふるさと納税により、自分の好きな地域へ寄付金という形で納税することができるようになったのです。

futta2063m

特に思い入れのある地域の発展のために、自分のお金を使ってもらうということができるのです。

自分の支払った税金が、どこにどのような形で使われているのかがわからない状態よりも、

自分の意思で支払い先を選ぶことができる分、国民の納税に対するモチベーションが上がります。

そのため国も国民も、ふるさと納税に注目しています。

コメントを入れてみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>